申込するにはログインが必要です

ID
パスワード

今井俊満 買取 査定

今井俊満はアンフォルメルの旗手として有名な日本の画家です。1928年に京都で生まれ、旧制武蔵高等学校在学中から絵を始めました。48年に卒業後、同年10月に「道」が第12回新制作派協会展で入選しました。52年にパリに渡り、ジョルジュ・マチュー、ジャン・デュビュッフェ、ジャン・フォートリエらと交流を持ち、前衛芸術運動・アンフォルメルに参加。日本にもこのアンフォルメルを紹介し、日本の美術界にアンフォルメルの流行をもたらしました。
今井俊満のこの頃の作品は、情感を込めた厚塗りの絵画で重量感のあるダイナミックな作風でした。60年代から70年代は日仏を往来しながら精力的に制作活動をして数々の展覧会にも出展しました。80年代には作風をこれまでと変えて「花鳥風月シリーズ」を制作。アンフォルメルに日本の伝統美を取り入れた作品づくりをしました。90年代には戦争をモチーフにした作品から、「コギャル」など女子高生をモチーフにした作品を制作するなど幅広い作品を残しました。

今井俊満の作品も、オークションでは高額で取引されています。当店では、オークションの落札結果をもとに、買取の査定をしていますので安心です。また、今井俊満の作品は、力を入れているので、予想より高値で買取をしてもらえる可能性もあります。より高い査定にする為には、作品が汚れていないことが重要ですが、絵画などの場合、素人が綺麗にしようとすると、逆効果となる場合がありますので、注意しましょう。買取を希望していなくても、作品の価値が知りたいという方は、査定依頼だけでも承っております。
依頼内容
お名前 (全角入力 例:質屋 裕子)
メールアドレス (半角英数字入力)
画像ファイル お手数ですが、こちらからお使いのメールソフトで画像ファイルを添付して送信してください。お名前をお忘れなく!

お名前・メールアドレスを確認して押してください。

カドノ質店では今井俊満の作品の買取査定希望の方は上の入力欄に品物明細(わかる範囲で結構です。)と写真を上記の入力欄からお送りください。サインや印や額縁裏のシール等の拡大写真もお送りください。当店よりおよその査定金額をご連絡いたします。

当店の査定金額にご満足頂けた場合、ご来店頂かなくても品物が売れるシステムもありますので『買取のシステム』のページをご覧ください。