申込するにはログインが必要です

ID
パスワード

加山又造 買取 査定

加山又造は、日本を代表する画家、版画家として知られています。1927年に京都府で生まれました。父親は西陣の衣装図案師であり、仕事で集められた図案集や画集に興味を持ち、絵を書くようになります。東京美術学校(現東京芸術大学)で絵を学び、卒業後は山本丘人に師事します。 1955年には個展を開催し、その後は海外の美術展にも出品するなどして意欲的に作品を作りづつけていきました。多摩美術大学、東京藝術大学で教鞭をとり、後進の育成にも力を入れていました。
また、国内だけでなく、中国でも講義を行い、そこで水墨画の大家に影響を受けます。講義だけでなく、北京の中央美術館、またイギリスの大英博物館でも個展を行い、加山又造は海外からの評価もとても高いものとなっています。 四季の移り変わりや日本の伝統的な様式美を現代的に表現した作品により、革新的な日本画家として評価されています。裸婦、動物、水墨画など幅広い作品を作り、代表的な作品に「千羽鶴」「春秋波濤」などがあります。

加山又造の作品も、オークションでは高額で取引されています。当店では、オークションの落札結果をもとに、買取の査定をしていますので安心です。また、加山又造の作品は、力を入れているので、予想より高値で買取をしてもらえる可能性もあります。より高い査定にする為には、作品が汚れていないことが重要ですが、絵画などの場合、素人が綺麗にしようとすると、逆効果となる場合がありますので、注意しましょう。買取を希望していなくても、作品の価値が知りたいという方は、査定依頼だけでも承っております。
依頼内容
お名前 (全角入力 例:質屋 裕子)
メールアドレス (半角英数字入力)
画像ファイル お手数ですが、こちらからお使いのメールソフトで画像ファイルを添付して送信してください。お名前をお忘れなく!

お名前・メールアドレスを確認して押してください。

カドノ質店では加山又造の作品の買取査定希望の方は上の入力欄に品物明細(わかる範囲で結構です。)と写真を上記の入力欄からお送りください。サインや印や額縁裏のシール等の拡大写真もお送りください。当店よりおよその査定金額をご連絡いたします。

当店の査定金額にご満足頂けた場合、ご来店頂かなくても品物が売れるシステムもありますので『買取のシステム』のページをご覧ください。