申込するにはログインが必要です

ID
パスワード

京都の質屋 地域の質屋事情

京都といえば、日本を代表する観光地。清水寺をはじめとする世界遺産や、桜の名所として有名な嵐山、日本三大祭りの一つである祇園際、美しい和菓子や上品な舞妓さんなど、あげれば切りがないほどの名所や伝統行事、名産品であふれています。 その中で伝統行事について説明すると、王朝絵巻のような優雅な「葵祭」、祭事が1ヶ月続く「祇園際」、毎年8月16日に行われる「五山送り火」、平安神宮のお祭り「時代祭」の4つは、「京都四大行事」といわれています。 また京都では、そのロケーションから多くの映画の舞台になっています。「大奥(男女逆転)」などの時代物のほかに、「鴨川ホルモー」や「逆転裁判」では吉田神社や宝ヶ池公園などがロケ地となっています。

その京都ですが、100年以上続く老舗が1,000店以上あり、質屋にも老舗が多いようです。長年、地域に親しまれ、リピーターもいるのでしょう。 質屋は、なんとなく入りにくいと思っている方もいるかもしれませんが、京都の質屋は意外と入りやすい・雰囲気がよかったという声も聞きます。 700年以上続く質屋の歴史ですが、時代と共に少しずつ変わり、質入れだけでなく買い取りもするようになりました。買い取りは質入れよりも高く査定されることがあるので、 品物を取り戻す必要がない場合は、質屋で買い取りしてもらうことを検討してはいかがでしょう。