申込するにはログインが必要です

ID
パスワード

アンリ・マティス 買取 査定

アンリ・マティスは、1869年にフランスで生まれました。フォーヴィスム(野獣派)の発案者として有名です。フォーヴィスムは、20世紀初頭の絵画運動の総称であり、原色を荒っぽく大胆に使った作品が特徴です。批評家ルイ・ボークセルが展覧会にて荒々しいタッチの作品群を見て、「あたかも野獣の檻の中にいるようだ」と評したため野獣派ともいわれています。アンリ・マティスの代表的な作品には1905年制作の「帽子の女」、「緑のすじのあるマティス夫人の肖像」などがあり、独特な色彩表現は高く評価されています。原色をこよなく愛し、「色彩の魔術師」とも言われています。
フォーヴィスムとしての作品は1905年から1909年前後の短い期間に残しました。アンリ・マティス自身は自分がフォーヴィスムと呼ばれることを好まず、その後は静かな作品を好んで作成するようになります。晩年は健康上の問題で絵を書くのが難しくなったため切り絵で表現するようになります。 アンリ・マティスが近代美術に与えた影響は大きく、ピカソとともにその後の前衛的美術に大きな影響を及ぼしました。

アンリ・マティスの作品も、オークションでは高額で取引されています。当店では、オークションの落札結果をもとに、買取の査定をしていますので安心です。また、アンリ・マティスの作品は、力を入れているので、予想より高値で買取をしてもらえる可能性もあります。より高い査定にする為には、作品が汚れていないことが重要ですが、絵画などの場合、素人が綺麗にしようとすると、逆効果となる場合がありますので、注意しましょう。買取を希望していなくても、作品の価値が知りたいという方は、査定依頼だけでも承っております。
依頼内容
お名前 (全角入力 例:質屋 裕子)
メールアドレス (半角英数字入力)
画像ファイル お手数ですが、こちらからお使いのメールソフトで画像ファイルを添付して送信してください。お名前をお忘れなく!

お名前・メールアドレスを確認して押してください。

カドノ質店ではアンリ・マティスの作品の買取査定希望の方は上の入力欄に品物明細(わかる範囲で結構です。)と写真を上記の入力欄からお送りください。サインや印や額縁裏のシール等の拡大写真もお送りください。当店よりおよその査定金額をご連絡いたします。

当店の査定金額にご満足頂けた場合、ご来店頂かなくても品物が売れるシステムもありますので『買取のシステム』のページをご覧ください。