申込するにはログインが必要です

ID
パスワード

ジョルジュ・ルオー 買取 査定

ジョルジュ・ルオーは20世紀最高の宗教画家といわれていて、自らもキリスト教画家と称してました。濃くて太い輪郭線と鮮やかな色彩を用いて描かれた作品は高い評価を得ています。 ジョルジュ・ルオーは、1871年に貧しい家具職人の子どもとしてパリに生まれました。両親ともに信仰に厚く、子どもの頃に信仰心が形成されました。1890年に本格的に画家になるためにエコール・デ・ボザール(国立美術学校)に入学します。ギュスターヴ・モローに師事し、モローの死後は国立モロー美術館に就任しました。この館長に就任したことで経済的に安定し、創作に没頭するようになります。1908年に「法廷」の連作、農夫や労働者の絵を描くことが多くなります。1918年以降は「キリストの受難」等宗教的主題の作品を多く描いています。画壇や流派にはこだわらず、人間の苦悩や悲しみなども題材にして自らの美を追求するかたちで作品を描き続けました。ルオーは同時並行に作品を書いていて未完成の作品も多くありましたが、自分の死までに未完となる作品は自らの手で処分しました。

ジョルジュ・ルオーの作品も、オークションでは高額で取引されています。当店では、オークションの落札結果をもとに、買取の査定をしていますので安心です。また、ジョルジュ・ルオーの作品は、力を入れているので、予想より高値で買取をしてもらえる可能性もあります。より高い査定にする為には、作品が汚れていないことが重要ですが、絵画などの場合、素人が綺麗にしようとすると、逆効果となる場合がありますので、注意しましょう。買取を希望していなくても、作品の価値が知りたいという方は、査定依頼だけでも承っております。
依頼内容
お名前 (全角入力 例:質屋 裕子)
メールアドレス (半角英数字入力)
画像ファイル お手数ですが、こちらからお使いのメールソフトで画像ファイルを添付して送信してください。お名前をお忘れなく!

お名前・メールアドレスを確認して押してください。

カドノ質店ではジョルジュ・ルオーの作品の買取査定希望の方は上の入力欄に品物明細(わかる範囲で結構です。)と写真を上記の入力欄からお送りください。サインや印や額縁裏のシール等の拡大写真もお送りください。当店よりおよその査定金額をご連絡いたします。

当店の査定金額にご満足頂けた場合、ご来店頂かなくても品物が売れるシステムもありますので『買取のシステム』のページをご覧ください。