申込するにはログインが必要です

ID
パスワード

吉原治良 買取 査定

吉原治良は具体美術協会の創設者として有名です。吉原治良は前衛美術のパイオニア的な存在として多くの日本の芸術家に影響を与えました。日本発の現代アートとして、海外での評価も高く、影響を受けた芸術家の作品が海外で高額取引されたりもしています。 吉原治良は1905年に大阪市で生まれ、独学で油絵を学び、その後は渡仏。帰国後に初の個展を開催し、「パパイヤと鰯」、「水族館」といった作品が注目を集めました。その後、藤田嗣治に出会い、絵を見てもらいます。
その時に、他者からの影響をうけすぎていて独自性がないと指摘され、オリジナリティの重要性に気付かされます。これにより、作風が幾何学的な抽象絵画へと変わっていきます。1938年には前衛作家とともに九室会を結成。1954年具体美術協会を主宰して若手の前衛美術家をリードしてきました。 人の真似はしてはいけないと若手に指導をしつつ、吉原治良自らは「円」についての探求を行い、多様な円を書きました。

吉原治良の作品も、オークションでは高額で取引されています。当店では、オークションの落札結果をもとに、買取の査定をしていますので安心です。また、吉原治良の作品は、力を入れているので、予想より高値で買取をしてもらえる可能性もあります。より高い査定にする為には、作品が汚れていないことが重要ですが、絵画などの場合、素人が綺麗にしようとすると、逆効果となる場合がありますので、注意しましょう。買取を希望していなくても、作品の価値が知りたいという方は、査定依頼だけでも承っております。
依頼内容
お名前 (全角入力 例:質屋 裕子)
メールアドレス (半角英数字入力)
画像ファイル お手数ですが、こちらからお使いのメールソフトで画像ファイルを添付して送信してください。お名前をお忘れなく!

お名前・メールアドレスを確認して押してください。

カドノ質店では吉原治良の作品の買取査定希望の方は上の入力欄に品物明細(わかる範囲で結構です。)と写真を上記の入力欄からお送りください。サインや印や額縁裏のシール等の拡大写真もお送りください。当店よりおよその査定金額をご連絡いたします。

当店の査定金額にご満足頂けた場合、ご来店頂かなくても品物が売れるシステムもありますので『買取のシステム』のページをご覧ください。