オメガの人気モデル平均買取価格・購入価格は?ーオメガの歴史と共に人気の理由を紐解くー

時計

「究極」という意味を込めるために、ギリシャ文字最後の文字をブランド名にした腕時計マーカー「オメガ(Ω)」

オメガは、幅広い世代から愛されている腕時計メーカーであり、オメガだからこそ味わえる技術によって多くの腕時計愛好家から愛されています。

しかし、オメガの魅力に惹かれて購入したいと思っていても「オメガの人気腕時計は、値段が高いから買えない」と諦めてしまっている方もいるのではないでしょうか。

また、いま持っているオメガの腕時計が「いくらで売れるのか」と興味がある人も多いと思います。

そこで、今回は「オメガの歴史」と「オメガの人気モデルの買取相場・購入価格」をご紹介していきます。

オメガの歴史

オメガの歴史は、1848年スイスで工房が設立されたところから始まりました。

時計師ルイ・ブランの息子たちが工房を継いだことによって、高級ブランドとして有名になったオメガですが、工房が設立された頃は手作業で全ての工程が行われていました。

しかし、高級ブランドとして名を馳せていく過程で製造工程を機械化・自動化していき、世界で初めての部品ごとの分業化を採用しています。

このような作業工程での革命を起こしたことから、生産規模を今までよりも広げることが可能になりました。

1894年には『19 ライン キャリバー』という高品質の新型ムーブメントを発表し、究極という意味を込めるために、ギリシャ文字の最後の文字「オメガ(Ω)」と命名しました。

時が進み1903年には、社名を「オメガ」に変更し、その名を轟かせる歴史が始まったのです。

1932年には、オリンピック28大会で公式タイムキーパーを務めているほど、計測力が高まり始め、近年では光電子写真装置が採用されています。

この実績によって「機械が人間の精度を上回った最初のオリンピック」というオメガの歴史を色濃くしました。

その後もオメガの進化は止まらず、テレビ画面にタイムを重ねて表示するオメガスコープ。

水泳選手が自らの手でタイマーを止めることができる「タッチパネル」など、多くの製品がオメガから製作されています。

1995年以降は、人気スパイ映画「007」シリーズにおいて、主人公のジェームズ・ボンドが愛用し続ける腕時計としてオメガ「シーマスター」が採用されています。

その後、シーマスターの新モデルリリースに合わせて数作品ごとにモデルを変えています。

オメガの特徴

オメガが人気モデルなのを知っている方は多いですが「どんな特徴があるのか」疑問に感じている方もいるのではないでしょうか。

そこで、ここからは「オメガ」に共通する特徴を3つご紹介していきます。

年代の垣根を越える人気

オメガの最大の特徴は、幅広い世代から人気のあるモデルが多いという点です。

若者からの非常に高い人気モデルが勢揃いしており、スーツにも似合うことから「若者たちからの憧れ」という点でも、オメガ時計の最大の魅力でしょう。

また、長年人気が高いことからシニア世代にも需要が高まっており、オシャレには欠かせない腕時計となっています。 さらに、世界に目を向けても人気時計ランキングで3位以内に入る実績を持っており、世界中から愛されている腕時計です。

耐久性の高い

オメガの腕時計は、部品の寿命を大幅に伸ばすことができる「コーアクシャル脱進機」を採用しています。

この技術は、腕時計業界でオメガが唯一採用しており、ムーブメント内の部品の摩擦を軽減してくれる技法です。

また、1965年にはアメリカ航空宇宙局「NASA」の公式装備品としてオメガが採用され、

全世界で大きな話題となりました。 このように、高級感、デザインの美しさだけではなく、高い耐久性と機能性も兼ね備えているのがオメガの特徴です。

素材へのこだわり

オメガの腕時計は、時計の素材として加工が難しいとされているセラミックスを採用しており、ひとつの塊を削り出してオメガ独自の技術で加工されています。

この技術は、ケースやベゼルなどにも利用されており、オメガ技術の真骨頂です。

また、セラミックスの製品に18Kゴールドの装飾を施すほか、非晶質のアモルファス合金(リキッドメタル)を組み合わせ、デザイン性も高めています。

さらに、オメガが開発したセドナゴールドも、腕時計業界で高く評価されています。

オメガの買取平均価格・購入価格の相場

オメガは、多くの腕時計が出回っていることから長い間、相場が下がらない腕時計とされています。

そこで、ここからは、オメガの買取平均価格・購入価格の相場をご紹介していきます。

スピードマスター デイト323

グレーとブラックのダイヤルと文字盤を守る風貌が特徴的な「スピードマスター デイト323」

風貌はキズが付きにくいサファイアガラスを採用しており、防塵性や耐擦傷性にも優れています。

近年での平均中古購入価格は448,950円となっており、数年の間に 140,000円ほど値上がりしています。

また、中古買取相場は状態にもよって大きく変化しますが、156,000円となっています。

全体的な中古買取相場は¥134,000 ~ ¥273,704 です。

【スピードマスター デイト323の基本詳細】

  • 素材:ステンレススチール
  • ストラップ:ブレスレット
  • 基本性能:クロノグラフ
  • 文字盤色:グレー
  • ケース径:40mm
  • 防水:100m
  • ムーブメント:自動巻
  • 定価:399,600円

シーマスター ダイバー300M マスター クロノメーター

高い防水機能を誇っている「シーマスター ダイバー300M マスター クロノメーター」は、スポーツをやる方に人気が高まっています。

「シーマスター 300」の雰囲気や高級感を保ちつつ、新たな技術を取り入れながら進化を続けているのも魅力の一つです。

オメガの独自技術である超高耐磁性能を持つムーブメントなどを採用しており、キッドメタルや18Kセドナゴールドなどの素材を使用しています。

このようなこだわりが、シーマスターコレクションの中でも高い人気を誇る「シーマスター ダイバー300M マスター クロノメーター」モデルの理由です。

【シーマスター ダイバー300M マスター クロノメーターの基本詳細】

  • ムーブメント:自動巻き
  • 材質(メイン):ステンレス・セラミック
  • バンドタイプ:ストラップ
  • カラー:ブラック
  • 文字盤材質:セラミック
  • 外装特徴:回転ベゼル
  • シースルーバック
  • パワーリザーブ:約55時間
  • 防水性能:300m
  • 定価:56万円(税別)

「シーマスター ダイバー300M マスター クロノメーター」の中古平均価格120,544円となっています。

カドノ質店では、オメガ シーマスターは高価買取での個体となっておりますので、是非下記相場を

今後の参考にしてみてください。

グローブマスター

ドレスウォッチとして誕生した「グローブマスター」は、自動巻き式の最新ムーブメント「キャリバー8900」を搭載しているのが特徴です。

また、卓越した精度・性能を備えたドレスウォッチは非常に珍しく、デザインはシンプルですが個性をしっかりと主張しています。

【グローブマスターの基本詳細】

  • ケース径:39 mm
  • ムーブメント:キャリバー
  • 自動巻き:cal.8900
  • 防水性能:100m防水
  • 風防:サファイアクリスタル風防
  • パワーリザーブ:約60時間
  • 定価:77万円(税別)

上記を踏まえ、カドノ質店では日々オメガのスピードマスター、シーマスターはもちろんの事、レイルマスターや

グローブマスター、デヴィルなどドレスウォッチなども買取を行っております。相場にない個体もお気軽にお問い合わせくださいませ。

まとめ

今回は「オメガの歴史」と「オメガの人気モデルの買取相場・購入価格」をご紹介しました。

オメガは、シンプルさもありながらオシャレなデザインとオメガだけでしか味わえない技術力によって、多くの腕時計愛好家を惹きつけています。

また、他の高級腕時計メーカーと違いかなりのハイブランドメーカーとなっていますが、新社会人の方の憧れとしてもオメガ人気が衰えない理由の一つです。

家で眠っているオメガの腕時計をお持ちの方は、その型番の「人気モデルの買取相場」と、自分が欲しいモデルの購入価格をこの記事を参考に把握してみてはいかがでしょうか。

関連記事

特集記事

ランキング

  1. 1

    GS グランドセイコーGMT 20周年記念限定モデル SBGE275 買取実積

  2. 2

    オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク 15503BC.OO.1220BC.01 買取実積

  3. 3

    気にはなる金地金の売却後の税金ってどうなるの??

最近の記事

  1. K24 24金 延べ棒  日本マテリアル 100g  買取実績 ¥1,316,000-

  2. Pt850 白金 ネックレス 15.0g 買取実績 ¥76,500-

  3. K24 24金 延べ棒  日本マテリアル 10g  買取実績 ¥129,000-

TOP