シャネル ~トップブランドと我が人生~

アパレル

20世紀を代表するトップデザイナー、ココシャネル。女性のための居心地よい服を革新的に発信し、「たった1つもシャネルを持っていない女性は絶望的に時代遅れ」と言われるほど、今も女性たちの憧れのブランドとして魅了し続けています。


シャネルの人生は、幼少期から決して恵まれた環境で育ったと言えず、デザイナーとしての活動をしてからも世界大戦などめまぐるしく変化する世界情勢の中で波乱万丈な人生でした。
彼女は幼少期を修道院(孤児院)で過ごます。シスターたちから裁縫を教わり18歳で院を出て、洋裁店の縫子さんとして働き、そのままデザイナーとしての道を切り開くかと思いきや目指していたのは歌手だったのです。歌手デビューは思うようにいかず、当時の恋人の提案でデザイナーとしての人生を開花させます。


人気ブランドとなり軌道にのってきたところで第二次世界大戦中にはお店を閉め、一時はデザイナーとして一線を退きますが、戦後数年後にデザイナーとして再び表舞台に立ち死ぬまでデザイナーと活動していきます。恋多く情熱的な人生であったシャネルは、ファッションだけではなく生き方そのものも女性の憧れとなっています。

シャネル(CHANEL)の始まり 歴史

シャネルのデザイナーの始まりは、帽子のデザインから始まります。シックでシンプルな帽子は当時は目新しく、貴婦人へのオーダーメイドが人気を博して、パリにお店を構えるようになります。3年後、高級リゾート地に婦人服店をオープン。新しい時代を築く機能的なシャネルのデザインは多くの女性の心を掴み、人気を博します。

その人気は洋服だけにとどまらず、衣服に合わせたアクセサリーや化粧品、香水なども販売することとなりました。今も世界的に愛されている有名なNO.5の香水もこの後誕生するのです。

シャネル(CHANEL) オートクチュールとは

シャネルのオートクチュールは今までの固定概念にとらわれず、自由で当時の古典的な女性ファッションを革新的に変えていくものでした。恋人のセーターやカーディガンを借りて、その着心地のよさを実感した彼女が1914年に発表したのがジャージーのコレクション。

過酷に体を締め付けるコルセットから解放させ、男性の下着や労働服素材として使われていたジャージー素材を用いて実用的で体を自由に動かすことができるジャージードレスをデザイン。使用人など誰の手も借りずに着用することができ、女性の社会進出が加速し働く女性たちにとって、とっても革新的なものだったのです!

喪のイメージであった黒にも着目し、時代を超えて色褪せない色としてシンプルでシックなブラックのドレスを発表します。賛否両論ありましたがシャネルの最高傑作と言われリトル・ブラック・ドレスとして革命を起こします。そのほかにもパンツスタイルや漁師に女性のスポーツウェア、など機能的でモードエレガンスなファッションを生み出していていきました。

シャネル(CHANEL) ~時代を象徴する人気ラインTOP5~


1.シャネルスーツ

柔らかくて軽いモヘヤ混のツイード素材で作られたレディーススーツ。身体を素早く自由に動かすことができるように、首元に適度なゆとりをもたせてネックラインに、機能的なポケットを加えたデザイン。採寸は立った状態で肩の高さで腕を組んだ姿勢で身体を快適に動かせるようなメイキングにし何度も調整して仕上げたシャネルスーツはオートクチュールの代表的なアイコンです。

2.リトルブラックドレス

雑誌VOGUEで黒一色のドレスを発表し、黒=喪であった当時、衝撃を与え「イットドレス」として一世を風靡します。黒いドレスは汚れを目立たせず、合わせるアクセサリーで表情を変えることができ、大恐慌の最中では質素倹約の時代であり、それが追い風となり女性の定番服となっていきました。

3.カメリア

日本のバラとして椿の花がヨーロッパに伝わり、シャネルの大切な盟友から白い椿を贈られます。花言葉には「色褪せぬ愛情」「誇り」「至上の美」花言葉とシャネルのコレクションをリンクさせ、ブラックのスーツの装飾品としてカメリアのブローチが施されシャネルブランドのアイコンとなりました。

4.香水NO.5

天才的な調香師との出会いによって誕生したNO.5パルファム。フローラルな香調で、すぐに消える香りが当たり前だった当時のフレグランスをパーティーなどで長時間香りを維持できるよう天然香料に合成香料を含ませて作り出します。シャネルのこだわりは、誰にもまねできない、女性そのものを感じさせる、女性のための香り。シンプルなボトルにNo.5のネーミングは新鮮でマリリンモンローも愛用して有名な言葉を残しています。「ベッドではシャネルN°5を数滴」

5.マトラッセショルダーバッグ

軍用バッグからインスピレーションを得てデザインされたバッグは、ショルダーストラップをつけることで肩から下げて手を空けることができ、当時ハンドバッグしかなかった時代にとても機能的なバッグでした。キルティングは乗馬用のジャケットから。チェーンや裏地のバーガンディーは幼少期を過ごした修道院の影響を受けてデザインされたもの。シャネルの生きてきた軌跡の詰まったバッグです。

シャネル(CHANEL) ~現在の人気ラインTOP5~

1.マトラッセショルダーバッグ

キャビアスキン(牛革に細かい点状の型押しがされている素材)、ラムスキン(生後1年以内の羊の皮革)エナメル(牛革に艶のある加工)ナイロンジャガードなど様々な素材で展開しています。シャネルのアイコンとして定番でありいつの時代も普遍的な人気のアイテムです。

2.財布

マトラッセショルダーバッグのお財布シリーズ。バッグと同じくシャネルらしさの詰まったアイテム。定番カラーの黒やベージュだけでなく、赤や白といった少し派手な色のアイテムも高い人気を誇っています。

3.時計 J12

J12にはあまり時計に使われることのなかったセラミックが使用されており、2000年に発表されて以来、時計業界にセラミックブームを巻き起こすきっかけとなり今も人気のアイテムです。カジュアルなのに高級感があり、なおかつタフで、価格も比較的抑えめです。これはココ・シャネルの「本物の宝石は密かに眺めて楽しむもの」という美学から生まれた時計です。男女問わず身に着けることができるのも人気の一つです。

4.シューズ バレリーナ

こちらも普遍的な理由から今も変わらず人気のアイテムです。つま先にブラックのワンポイントを差し込んだ、ひと目みただけれそれとわかるデザインは、ベージュとブラックは、朝出かけるときから、ランチタイム、カクテルパーティーに出席するまで一日どの場面にもマッチする。と語ったシャネルの言葉通りです。

5.スモールレザーグッズ

最新ファショントレンドにはミニバッグやバッグを重ねてもつスタイルがあります。ヴァニティデザインやユニークなフォルムのバッグはまさに今のファッションを彩る楽しみそのものです。

シャネル(CHANEL) 定番の着こなし方

ファッションが移り変わっていっても、シャネルのスタイルは永遠。
エレガントながら心地のよいファッションを発信しているシャネルの定番の着こなしは過度に装飾しすぎることなく、シャネルのアイテムを主役にした着こなしこそ、シャネルのアイテムをより美しく見せてくれます。リトルブラックドレスにカメリアやロングパールのネックレス。


カジュアルダウンしたスタイルにバイカラーシューズやショルダーバッグ。
いつの時代も変わらず、シャネルの生涯のように強く、美しく、ゴージャスなスタイリングをぜひ見つけてみてください。

特集記事

TOP