パテック・フィリップの人気モデル平均買取価格・購入価格は?―パテック・フィリップの歴史と共に

時計

スイスにある高級腕時計メーカー『パテック・フィリップ』は、世界三代高級腕時計に選ばれるほどの高い技術力を持っています。

パテック・フィリップの特徴は、マニュファクチュールブランドと呼ばれるほどの高い技術力であり、数多くのコンクールで優勝を飾っているのも魅力の一つです。

しかし、パテック・フィリップの魅力に惹かれて購入したいと思っている方も多いと思いますが「パテック・フィリップで人気の時計は、値段が高い?」と疑問に感じているのではないでしょうか。

また、いま持っているパテック・フィリップの時計が「いくらで売れるのか」と興味がある人も多いと思います。

そこで、今回は「パテック・フィリップの歴史」と「パテック・フィリップ人気モデルの買取相場・購入価格」をご紹介していきます。

パテック・フィリップの歴史

パテック・フィリップは、1839年に亡命したポーランド人のアントワーヌ・ノルベール・ド・パテックとランソワ・チャペックによって「パテック・チャペック社」から歴史が始まりました。

創業当時は、腕時計ではなく高級海中時計を中心に販売しておりましたが、1842年にフランス人時計士ジャン・アドリアン・フィリップの登場によって「リューズによる巻き上げ・時刻合わせの機能」が開発されました。

パリに博覧会で出会い、意気投合したパテックとフィリップは、1851年に『世界最高の時計をつくる』ことをコンセプトに会社を設立。

そこで、高級腕時計の未来を変えていくパテック・フィリップ社が誕生しました。

1932年になると、スターン兄弟にパテックフィリップ社の資本が売却されてしまいましたが、『カラトラバ』や1976年の『ノーチラス』という腕時計愛好家にはたまらない作品を生み出しています。

パテック・フィリップの特徴

パテック・フィリップという人気モデルを耳にしても「どんな特徴があるのか」疑問に感じている方もいると思います。

そこで、ここからは「パテック・フィリップ」に共通する特徴を3つご紹介していきます。

トレンドに左右されない美しさ

パテック・フィリップが人気の理由として、トレンドに左右されずにパテック・フィリップの良さを前面に押し出していることが挙げられます。

例えば、パテック・フィリップの代表作であるカトラバは、見た目に変化はなくても、ロングセラー商品として多くの腕時計愛好家に愛されています。

また、多くの人を惹きつける気品が高い美しさをどの製品も持っているため、わざわざ見た目に対してトレンドを取り入れていく必要がないのです。

パテック・フィリップの製品は、熟練された職人たちの腕によって出来上がっていることから、これからもトレンドではなく「究極の美しさ」を追い求めていくことでしょう。

ジュネーブシールを獲得した世界最高峰の技術力

パテック・フィリップは、ジュネーブシールを全ての機械式腕時計において獲得していることから、最高峰の技術力の高さが特徴です。

ジュネーブシールとは、スイス政府とジュネーブ州によって定められたスイス時計の最高級品質規定であり、限られた時計にしか与えられません。

また、ジュネーブ天文台計時精度コンクール数々の優勝を勝ち取っていることから、時計の精度もかなり高いことが分かります。

複雑機構では世界トップクラスの技術力で、見ているだけで惹きつけられる魅力も特徴の一つです。

一生モノにできるアフターサービス

高級腕時計メーカーではなかなかない「アフターサービス」を行っているパテック・フィリップ。

多くのメーカーではアフターサービスを行っていても型番によって受け付けを拒否されてしまいますが、パテック・フィリップでは、どの型番でも永久修理を受け付けてくれます。

これは、技術力に自信がある証拠であるほか、お客様第一に考え『一生物の腕時計を』というコンセプトのもと、その誇りと自信を掲げているのです。

パテック・フィリップの買取平均価格・購入価格の相場

パテック・フィリップは、状態によって左右されることや廃盤になったことで価格が上がることもあり、価格差が激しい高級腕時計メーカーとなっています。

そこで、ここからは、パテック・フィリップの買取平均価格・購入価格の相場をご紹介していきます。

カラトラバ クルー・ド・パリ 6119G-001

文字盤の美しさが特徴的な『カラトラバ クルー・ド・パリ 6119G-001』

65時間のパワーリザーブを備えていることから、パテック・フィリップの新しい世界観を切り開きました。

また、『カラトラバ クルー・ド・パリ 6119G-001』は、パテック・フィリップでの一番人気のある型番です。

【基本詳細】

  • ムーブメント:手巻き
  • バンドタイプ:ストラップ
  • タイプ:メンズ
  • 外装特徴:シースルーバック
  • ケースサイズ:39.0mm
  • 防水性能:3気圧
  • 定価:3,399,000円

『カラトラバ クルー・ド・パリ 6119G-001』の平均中古購入価格は、¥4,160,700前後となっています。

価格.com等では、2022年12月8日現在で最安価格¥4,360,000ほどとなっております。

また、平均買取価格は状態にもよって大きく変化しますが、2,800,000円となっています。

カドノ質店の『パテック・フィリップ買取』では、未使用品・保証書付きの場合は、

現状相場で定価以上での買取が相場となっております。

ノーチラス 5711/1a-010

丸みを帯びた8角形が特徴的な『ノーチラス 5711/1a-010』

天才時計デザイナーのジェラルド・ジェンタ氏がデザインを手掛けているため、洗練された美しさを感じることができます。

また、廃盤が決定されて以降、値段が上がってきているパテック・フィリップの腕時計です。

【基本情報】

  • ムーブメント:自動巻きCal.324 S C(2010~2019)Cal.26‑330 S C(2019~2021)
  • 文字盤色:ブラック・ブルー
  • 材質:ステンレススチール
  • タイプ:メンズ腕時計
  • 特徴:120m防水・日付表示・3針 
  • 稼働時間:45時間
  • ケース径:40mm
  • 定価:3,872,000円

『ノーチラス 5711/1a-010』の2022年12月8日現在の平均中古購入価格は、1700万円台となっています。

カドノ質店の『パテック・フィリップ ノーチラス 5711/1a 買取』では、2022年12月8日現在の相場では

1000万円~の買取となりますが、現状相場で下落傾向にあるため、日々お問い合わせください。

カラトラバ クルー・ド・パリ 6119R-001

大きい直径に、再び加工されたストラップラグが特徴の『カラトラバ クルー・ド・パリ 6119R-001』では、アワーマーカーの文字盤が魅力的です。

【基本詳細】

  • ウォッチ:手巻ムーブメント
  • 文字盤:グレイン仕上げシルバー
  • ケース:ローズゴールド仕様。
  • バンド」ラージ・スクエアの手縫い風
  • 定価: 3,399,000円

『カラトラバ クルー・ド・パリ 6119R-001』の平均買取価格は、¥3,550,000円〜前後となっています。

『ASKWATCH』では、¥3,650,000で買取を行ってくれます。

『カラトラバ クルー・ド・パリ 6119R-001』の中古購入価格は、4,640,000〜5,120,000円となっています。

カドノ質店の『パテック・フィリップ買取』では、未使用品・保証書付きの場合は、

現状相場で定価以上での買取が相場となっております。

まとめ

今回は「パテック・フィリップの歴史」と「パテック・フィリップ人気モデルの買取相場・購入価格」をご紹介しました、

パテック・フィリップは、トレンドに左右されないデザインと世界を渡り歩ける技術力から、多くの腕時計愛好家を惹きつけています。

また、お客様ファーストで考えているため、ほかの高級腕時計メーカーにはできない全種類のアフターサービスも、一生モノの時計が欲しい人に人気の理由となっています。

家で眠っているパテック・フィリップをお持ちの方はその型番の「人気モデルの買取相場」と、自分が欲しいモデルの購入価格をこの記事を参考に把握してみてはいかがでしょうか。

関連記事

特集記事

ランキング

  1. 1

    GS グランドセイコーGMT 20周年記念限定モデル SBGE275 買取実積

  2. 2

    オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク 15503BC.OO.1220BC.01 買取実積

  3. 3

    気にはなる金地金の売却後の税金ってどうなるの??

最近の記事

  1. K24 24金 延べ棒  徳力 30g  買取実績 ¥377,100-

  2. K24 24金 延べ棒  日本マテリアル 20g 2点 買取実績 ¥513,600-

  3. カー用品 カーナビ pioneer (パイオニア) サイバーナビ AVIC-CW912III-DC 買取実績 3台¥320,700-

TOP